読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

摂食障害リアル克服体験談

今現在摂食障害で苦しんでいる方に向けて、克服者がどのように治っていったのか、そして今どのように生きているのか、たくさんの事例を紹介します。

【摂食障害】年末年始のお話

こんにちは。すずです。今年もあと3日ですか。早いですね。

 

さて、今日は年末年始のお話。

世間はお祭りムードですが、摂食障害の人の中には、気持ちが重い人も多いのではないでしょうか。私もそうでした。

この時期は自分の食のペースや決まり事を守るのが難しいので、それでパニックになったり、自分を責めたりしていました。

 

しかしそれ以上に、摂食障害真っ只中の時には気が重いことがありました。

 

続きを読む

【摂食障害】クリスマス辛かった方へ

こんばんは。すずです。Merry Christmas~☆★☆

いやあクリスマスいいですね!ちなみに今日は私の誕生日!実はクリスマス生まれなんです~笑

 

さて、この季節、クリスマス、年末年始とイベント事がたくさんで慌しい感じですね。

今でこそ、このクリスマス、年末年始を大手を振って楽しめていますが、

摂食障害真っ只中の時は、「食」にまつわるイベント事が多いこの季節は、ちょっと辛い時期でもありました。

 

なぜ辛いのか。

それは摂食障害の時って、「食」=「恐怖」で、「敵」、「憎むべきもの」になっているから。

これはなかなか普通の感覚では理解するのは難しいかもしれません…。

 

続きを読む

【ブログ紹介】ステップあやさん

こんにちは。すずです。あと一週間でクリスマスですね~。本当に早い!

 

さて、今日はある方のブログを紹介したいと思います。

摂食障害に悩んでいる方なら、一度は目にしたことがあるかもしれませんが、

ステップあやさんのブログです。

ameblo.jp

 

あやさんは、約18年摂食障害で拒食、過食、過食嘔吐を経験され、完治されています。そして、現在は摂食障害カウンセラーや、栄養コンサルタント、ダイエットカウンセラーとして活動されています。

 

あやさんのブログは、本当に圧倒的な情報量ときめ細かい範囲で、おそらく質・量ともに、日本で一番の摂食障害のブログだと思います。

ご自身の経験はもちろん、栄養学的な視点や、心理学的な視点も踏まえてたくさんの記事を書かれています。また、本も2冊出版されています。

 

ameblo.jp

 

 

私が最初にあやさんの文章に触れたのは、高校生のとき、図書館で、でした。当時、拒食だった私は、その日も朝から何も食べずに図書館で勉強していたのですが、ふと立ち寄ったダイエット関連書籍の棚で本を手に取り、私がまさに今苦しさを感じていることと同じことが書いてある!と衝撃を受けたのを覚えています。当時は、病気の自覚もなく、食べないことの何が悪いんだ、食べなくてもやっていけるという気持ちと、食べたいけど食べられない、食べるのがどうしようもなく怖いという気持ちの両方があり、なんなんだ、これは、という思いでいっぱいでした。

 

本を読んですぐに食べられたわけではなかったですが、食べることを後押ししてもらいました。またその後、過食になってからも、本当に何回も何回も助けてもらいました。

 

きっと、時期によって、全く頭に入ってこないこともあるし、あやさんのおっしゃること全てが全員に当てはまるわけではないと思います。でも、きっと何かしら良いヒントをもらえると思います。

自分に必要そうなところだけ読む、という形でもいいと思います。私もよく読んでいた時期も全く読まない時期もあり、特定の記事だけ読んでみたりと、ある意味適当に、自分に必要な情報を頂いていました。

とにかくまずは一度、あやさんのブログを覗いてみてほしいです。

 

 特に、クリスマスも近いので、この記事なんかもおすすめです。

 

ameblo.jp

 

最後になりますが、あやさん、本当にありがとうございました。

また、ご紹介させて頂くこともご快諾して頂き、ありがとうございました。

この場を借りて、重ねて感謝申し上げます。

 

 では、良い日曜日をお過ごしくださいね。私も卒論やります…。笑

【摂食障害】完璧主義と摂食障害

どうも、お久し振りです。ついに今年も、もう12月ですね。本当に早い。

 

さて、今日のテーマは「完璧主義」について。

摂食障害になる人は完璧主義、0か100かの思考、の人が多いといわれています。これは様々な書籍等でも言われていますし、実際、私が今までインタビューさせて頂いた方にも、自分の性格をそのように表現する方が多かったです。

そして、ご多分に漏れず、私も完璧主義なタイプです。(昔に比べれば、随分和らいでいますが)

 

この完璧主義が、摂食障害を治しにくいものにしている、かつ、治す上でキーポイントになってくるのかな、と思っています。

 

そこで、今回は

 

1.なぜ完璧主義な方が摂食障害に陥りやすいのか

2.摂食障害を治す上で完璧主義がどう弊害になるのか

3.果たして完璧主義は悪なのか

 

の三本立てで、ちょっと書いてみようかなと思います。

 

主に自分の経験をベースにして書くので、全ての人に当てはまるとは限らないと思います。一経験者の考えとして、軽い気持ちで読んでみてください。

 

続きを読む

【摂食障害】人付き合いと摂食障害

こんにちは。すずです。またご無沙汰してしまいました笑

無事試験も終わり、最近は色んな人とご飯を食べに行ったり、遊びに行ったりしていました。(卒論やれよ、という声はさておき)

 

私は今でこそ、人とご飯を食べるのは大好きな時間で、とっても大切にしていますが、摂食障害の当時はもう苦痛で苦痛で仕方ありませんでした。私は拒食、非嘔吐過食、過食嘔吐とどれも経験していますが、どの状態の時も人との食事は本当に嫌で嫌でなるべく避けていました。

今日はそのことについて、拒食、過食、非嘔吐過食と順を追って書こうと思います。

 

 

続きを読む