読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

摂食障害リアル克服体験談

今現在摂食障害で苦しんでいる方に向けて、克服者がどのように治っていったのか、そして今どのように生きているのか、たくさんの事例を紹介します。

【管理人の頭の中】今日のお昼から考えた克服者の共通点

管理人の頭の中

こんにちは。すずです。

今日は久しぶりにつらつら書きます。

 

いきなりですが、

私の今日のお昼は、中華料理屋さんのお弁当でした。ここのお弁当は500円で美味しいのでたまに買います。

メインは麻婆豆腐と肉野菜炒めです。スープも付いてきます。(^0^)/

f:id:eatingdisorderrolemodel:20170216140628p:plain

 

続きを読む

11.拒食よりも大切にしたい夢がありました(山本佳奈)

克服者

山本佳奈(27)

医師

 

f:id:eatingdisorderrolemodel:20170208215019p:plain

 

プロフィール

1989年滋賀県生まれ。医師。私立四天王寺中学・高等学校卒業。2015年3月、滋賀医科大学卒業。医師免許取得。同年4月より福島県南相馬市立総合病院に勤務。大学時代から、医学博士・上昌広氏の下で貧血を中心に医療全般について研究している。

著書に『貧血大国・日本~放置されてきた国民病の原因と対策~』がある。

また、ハフィントンポストにてコラム連載中。

http://www.huffingtonpost.jp/kana-yamamoto/

 

克服前

症状

拒食

 

ダイジェスト

期間

状態

高1夏~浪人1年~大学入学(約3年半)

拒食

大学1年~大学4年(約4年)

ゆるい拒食

大学5年~社会人1年目(約3年)

だんだん回復へ

 

人生曲線

f:id:eatingdisorderrolemodel:20170208215239p:plain

 

続きを読む

【摂食障害】自由に食べる

摂食障害

こんにちは。お久しぶりです。すずです。

昨年から随分とご無沙汰しておりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は、その間ニュージーランドへ旅行へ行ったり、卒論を仕上げたりしておりました。
とりあえずなんとか卒業できそうです。わーい。

 

さて、今日は「自由に食べる」ということについて考察してみようと思います。
最近、私はつくづく「自由に食べているなあ」と感じます。
これは、摂食障害だった約6年半にできなかったことです。

自由に食べるって、普通の人にとってはあまりに当たり前すぎて考えることもないかと思います。
でも、摂食障害の時はそれができなくて苦しんでいました。本来、「食」って自由なもののはずなのに、自分で作り出したルールや拘りに縛られ、恐怖でがんじがらめになって、全然自由じゃありませんでした。

 

私にとって「自由に食べる」とは、

 

続きを読む

【摂食障害】年末年始のお話

摂食障害

こんにちは。すずです。今年もあと3日ですか。早いですね。

 

さて、今日は年末年始のお話。

世間はお祭りムードですが、摂食障害の人の中には、気持ちが重い人も多いのではないでしょうか。私もそうでした。

この時期は自分の食のペースや決まり事を守るのが難しいので、それでパニックになったり、自分を責めたりしていました。

 

しかしそれ以上に、摂食障害真っ只中の時には気が重いことがありました。

 

続きを読む

【摂食障害】クリスマス辛かった方へ

摂食障害

こんばんは。すずです。Merry Christmas~☆★☆

いやあクリスマスいいですね!ちなみに今日は私の誕生日!実はクリスマス生まれなんです~笑

 

さて、この季節、クリスマス、年末年始とイベント事がたくさんで慌しい感じですね。

今でこそ、このクリスマス、年末年始を大手を振って楽しめていますが、

摂食障害真っ只中の時は、「食」にまつわるイベント事が多いこの季節は、ちょっと辛い時期でもありました。

 

なぜ辛いのか。

それは摂食障害の時って、「食」=「恐怖」で、「敵」、「憎むべきもの」になっているから。

これはなかなか普通の感覚では理解するのは難しいかもしれません…。

 

続きを読む